ButterKnife

夢をかなえるための健康と仕事の話

仕事ができない人が辞めたくなったときにすること

こんにちは。ドリーム豊です!

新しく入社した会社で思うように仕事ができず、周りの人から「仕事のできない人」のレッテルを貼られて困っている人はいませんか?かくいう私も入社当時、何をしたらいいか分からず、社内ニートをやっていました。周囲からの冷たい視線を感じながら、私が状況を打破した経験から、仕事ができなくて辛い、辞めたいと思っている人がどんなアクションを起こすべきか紹介していきます。

 

 

 

上司や先輩に頼る

まずはこれです!スキルや知識が足りない時、先輩にアドバイスをもらうことで解決する事は多いです。また、自分の手が空いていて仕事がないとき、自分にできる仕事はありませんか?と聞いてみましょう!社内ニートになってしまった人はこれがきっかけで脱却できるかもしれません。上司や先輩は部下や後輩に頼りにされると嬉しいものです。あなたのやる気もアピールできます。いい事だらけなのでまず仕事に詰まったら先輩にアドバイスをもらいましょう!

 

仕事ができない原因を探る

仕事ができない人のほとんどは、スキルや知識不足が原因……ではありません!! 多くの人は自分が何をするべきかわからず、指示待ちになってしまうのです。指示を仰いでも振ってもらえる仕事がなく、仕方がないので仕事をしているフリをしながら時間を潰すのです。そうしているうちに周りからは「あの人、仕事しているの?」「あいつは仕事ができない」といった厳しい意見をもらってしまうのです。そんな時、自分が何をすべきか、自分に求められていることはなにか、仕事ができる人は何をしているのか研究してみましょう!意外にもそれだけで現状を打破できる人は多いです。

 

仕事の勉強や資格取得の勉強をする

仕事ができなくても、知識が豊富であれば必ず活躍するチャンスは現れます。転職の際にも有利になるので、資格の勉強はしておいて損はないでしょう。仕事関係の資格であれば堂々と勉強できますよね!

 

どうしても仕事が自分に合わない、向いてないと思ったら

 転職を視野に入れて考えることをお勧めします。一度無能のレッテルを貼られてしまえば、評価を取り戻すのは容易ではありません。(もちろん可能ではあります。)転職の際には私も利用したのですが、転職エージェントを利用するのがおすすめです。担当の方が自分に合った仕事や条件の良い会社を探してくれます。しかも完全無料で面接対策までしてくれます!

 

まとめ

みなさん、どうでしたか??仕事が向いていない、仕事ができない、もう辞めたい…と思った時、辞める前に立ち止まって、今回紹介した事を試してみてください。行動すれば必ずあなたを評価してくれる人がいます!以上、ドリーム豊でした。

退職代行サービスとは?