ButterKnife

夢をかなえるための健康と仕事の話

【解説】アナボリックステロイドをやめたら筋肉はどうなるの?

こんにちは。ドリーム豊です!

最近、フィットネスブームが来てますよね!

フィットネス先進国のアメリカでは競技者の間でアナボリックステロイドを使用するのが当たり前のようになってきています。当然日本でもその流れは近い将来来るでしょう。アナボリックステロイドをやめてしまったら筋肉はどうなってしまうのか気になりますよね?

今回はそれについて解説していこうと思います!

 

 

そもそもアナボリックステロイドとは?

筋肉

アナボリックステロイドは筋肉増強作用のある薬剤です。『筋肉を作れ』と言う命令を出すシグナル物質のフリをして脳に筋肉を作らせます。アナボリックステロイドを使用すると種類にもよりますが6倍以上の速さで筋肉がつくと言われています。(個人差あり)

 

アナボリックステロイドをやめたらどうなる?

アナボリックステロイドをやめると身体の中から筋肉の増強を指示するシグナル物質が尿となって排出されます。この時点で脳は身体の中に男性ホルモンが過剰にあると勘違いしているので男性ホルモンの分泌量が激減しています。

クロミッドなどのケア剤を摂取しないと、男性ホルモンの少ない状態が続き、ホルモンバランスが乱れることで肌が荒れたり筋肉が減ってしまったりします。

 

ケア剤を適切に使用すれば筋肉は減らない

medicine

クロミッドなどのケア剤を使用して適切に対処すれば、筋肉が極端に減ることはありません。薬を抜いたところで、シグナル物質の量が元に戻るだけなのでアナボリックステロイド使用時と同じ重量でトレーニングをつづければ当然、アナボリックステロイドでつけた筋肉量は維持できます。ただ、ほとんどの場合は途中で筋トレ自体をやめてしまって筋肉を落としてしまうのですが…

 

ステロイドを辞めた人の写真

ステロイドを辞めたボディビルダー達の写真がありますが、

見たことはあるでしょうか?

かなりやせ細って痛々しい写真がほとんどだと思います。あれはアナボリックステロイドの副作用を誇張するために意図的に作られたものだと考えます。筋トレを変わらず続けているならば、あれほどまでに筋肉が激減することは医学的に考えてもありえないからです。ただし、副作用のケア(ホルモンバランスの乱れ)への対処を怠ると写真のような身体になってしまいます。

 

まとめ

みなさん、いかがだったでしょうか?アナボリックステロイドを辞めても副作用のケアさえしていれば筋肉は減らないのは意外だったのではないでしょうか?ちなみに私はステロイド反対派です。以前の記事でも紹介しましたが命を落とすリスクを覚悟してまで使うものではないと考えるからです。みなさんもアナボリックステロイドを使用する際はよく考えて、知識をつけてから使用してくださいね!

以上、ドリーム豊でした!

www.dream-yutaka.com